便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

腸内細菌は人それぞれ

最近よく聞きませんか?

腸内フローラという言葉。

 

この腸内フローラとは、さまざまな腸内細菌がまるでお花畑(フローラ)のように群生している様子から呼ばれています。

 

さまざまな腸内細菌と言いましたが、私たちの腸内には約100兆個もの細菌が所狭しと住み着いています。

 

住み着いているというより、棲み分けていると言ったほうが正しいですね。

 

 

私たちの身体は細胞の集まりですが、その数より多い細菌数が腸内に棲み分けているのは不思議ですね。

 

その腸内細菌は、個人差があり最近の研究では個人の識別にも使われているみたいです。

 

それほど重要な臓器です。

ただ、目にすることが出来ないし、機会もないので安易に考えがちですね。

 

腸内細菌、特に腸内環境を整えることは私たちのあらゆることに現れることは間違いありません。

 

もう少し、意識することが大切!

 

 

 

 

 

 

下剤の使用は、必要最小限に!

「毎日、同じ時間にトイレに行きたい。」

そう思って、下剤を使用する人がいます。

 

中には、ダイエット中に下剤を使う人もいると聞きます。

なかなか落ちない体重に、焦っているのか、それともリバウンドを恐れているのか?

少し目的が違うように思うのですが・・・。

 

下剤は、排便を促す程度に使用しましょう。

下剤を毎日ように使用すると、無理に腸を刺激することになります。

腸が排便する気がなくても、下剤で強制的に排便を促すことになります。

 

すると、本来のぜんどう運動が妨げられ、下剤なしでは排便出来ないことも起きます。

 

下剤の中には、漢方薬もありますが、漢方だからということで安易に使われることがあります。

でも、長く使い続けるのは腸本来の機能を妨げます。

 

なるべく、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動をしましょう。

腸のマッサージも効果的です。

 

 

 

 

 

酵素を摂って腸内フローラが整うと、こんなにスゴイ!

酵素を摂って腸内フローラが整うと、ダイエットをしてもリバウンドしないのは、私だけ?

 

もともとは便秘を改善するため。

また、ぽっこり出たお腹が気になるため。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171207184340j:plain

 

そこで、新谷酵素を取り寄せました。

 

ドリンクにしようか、サプリにしようか。

 迷いましたが、持ち運びが便利なサプリに決めました。

簡単に飲めますからね。

 

一週間ほど飲み続けました。

体に変化が。

 

飲み続けて2日目、お通じがドッサリ!

そして、なんとなくお腹が張ったような感じが解消してスッキリです。

 

少し体が軽くなったような。

もしかして、酵素ってスゴイのでは!?

 

酵素が、なぜ人気なのか体で実感しました。

すぐに追加注文しました♪♪

新谷酵素

 

 身体中の毒素が出て行く感じ。

タレントやモデルといった芸能人にも愛用者が多数いる新谷酵素

わたしには、身体に合いました。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171207184959j:plain

小粒なので飲みやすいです。

スッとのどを通りましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それって過敏性腸症候群では?

便秘と下痢を繰り返す?

それは、過敏性腸症候群かも。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171104184015j:plain

過敏性腸症候群といわれても、ピンとこないかもしれませんね。

聞き慣れない言葉ですから。

以前は、過敏性大腸症とか慢性大腸炎といわれていました。

 

ストレスの多い現代社会、10人にひとりはこの過敏性腸症候群です。

どんな人がなるのか?

 

特にまじめな人、仕事などで時間に追われている人、プレッシャーに弱い人など。

仕事で移動・転勤などで環境が変わっただけでも症状が悪化する人がいます。

 

腸は脳とつながっています。

脳腸相関とか、腸は第二の脳とも呼ばれてますから。

 

脳がストレスを感じる

 ↓  ↓  ↓

それが腸に伝わり便秘や下痢が起こる

 ↓  ↓  ↓

その腹痛や不快感が脳に伝わる

 

腸と脳が相互に影響し合い、悪循環を形作ります。

まさに負のスパイラル。

 

この負のスパイラルが、慢性的に繰り返す。

これが過敏性腸症候群

 

ストレスが原因でおこる過敏性腸症候群

病院で診察しレントゲンなどの検査をしても、異常なしがほとんど。

軽い胃炎などはみられるでしょうが。

 

ただ、一応は病院で診察するのは正解です。

自己診断はキケンです。

 

検査を受けたら違う病気が見つかったりすることもありますから。

潰瘍性大腸炎、大腸癌による便秘や下痢かも分かりません。

また、腸以外の病気かもしれませんし。

たとえば、すい炎、糖尿病とか。

 

・ダイエットしてないのに体重が減っている

・便に血液が混じっている

・睡眠中、腹痛や下痢で目が覚める

などは、一度受診したほうがいいかもしれません。

 

睡眠中はストレスがかからないため、過敏性腸症候群でない可能性があります。

定期的に検査を受けるなどして確認しましょう。

 

まずは、規則正しい生活を送りましょう。

バランスの良い食事を心がけましょう。

 

腸はストレスの影響を受けやすい臓器です。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171104184049j:plain

ちなみに牛乳を飲んで、過敏性腸症候群とよく似た症状がおこりますよね。

でも、牛乳をやめれば治るので、過敏性腸症候群とは違います。

 

 

 

 

 

 

 

腸を元気にする発酵食品

健康な体を保ちたい。

それには、食べ物にも気をつけたいものです。

 

とくに体には大敵ともいえる便秘。

便秘は腸の活動を制限し、免疫力を下げます。

その上、体の隅々にまで悪影響を及ぼします。

 

この免疫力を上げることが、しいては便秘を軽くすることになります。

新陳代謝も良くなり、冷え性も軽くなるでしょう。

 

免疫力アップには、腸を健康にすること。

そのためには、発酵食品を毎日の食事に取り入れることが大事。

 

発酵食品として、すぐ頭に浮かぶのがヨーグルトですが、日本にも古くから身近なものがあります。

みそ、しょうゆ、漬け物、納豆、酢など。

いわゆ乳酸菌ですね。

 

乳酸菌には、植物性と動物性とがあります。

植物性乳酸菌・・・みそ、しょうゆ、漬け物、納豆、酢など

動物性乳酸菌・・・ヨーグルト、チーズなど

 

植物性乳酸菌は、胃の消化液にも負けず腸まで届き、免疫機能を高めます。

また、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きをします。

 

一方、動物性乳酸菌はほとんどが胃や腸で死滅しますが、ムダに死滅するわけではありません。

有害物質(悪玉菌を含む)を体外へ排出する働きをします。

結果、腸内の環境をキレイに整えます。

 

それ以外にも、さまざまな素晴らしい効果をもたらす乳酸菌=発酵食品。

これを利用しない手はありませんね。

ダイエットにもかかせません。

 

そうは言っても、誘惑に負けて羽目を外したりします。

たまに食べるラーメンやハンバーガーのおいしいことと言ったら・・・。

ストレス解消には、たまにはいいのでは?

考えが甘いでしょうかね。