便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

なぜ、便秘薬を飲み続けても便秘が改善されないのか?

あるとき、市販の便秘薬では効かなくなり、病院で漢方薬を処方してもらったことがあります。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170624080108j:plain

もう市販の便秘薬が効かないのもショックでしたが、病院へ通わなければいけないほど事態は深刻でした。

 

便秘薬を常用しなければならないなんて。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170624080201j:plain

いずれ、常用のため今服用している便秘薬も効かなくなるでしょう。

 

そもそも、便秘薬をいくら服用しても根本的な解決にはなりません。

薬で便秘が一時的に治ったに過ぎないからです。

 

そのことについては、もう何度も私自身経験済みです。

 同じことを何度もなんて学習能力なさすぎですね。

 

では、便秘を根本的に改善させるには?

 それには、腸に動いてもらうしかありません。

よく知られている「蠕動運動」です。

 

蠕動運動は自律神経がコントロールしています。

わたしが、「動け」と命令して動くわけではありません。

 

ここに便秘を根本的に改善させるヒントが隠れているのではないのか?

年々減っていく腸内の善玉菌、反対に増え続ける悪玉菌。

ひとつでなく色々な条件が重なって便秘になります。

 

負の連鎖を速いうちに断ち切ることが大切です。

自分にどのような改善策が合うのか、様々な方法を試してみましょう。

やはり、個人差がありますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、これほど多くの方が、ガンコな便秘で苦しんでいるのか?

なぜ、これほど多くの方が便秘で苦しんでいるのでしょう。

便秘で苦しんでいる方のなかには、通院または入院するほど便秘で悩んでいる方も少なくありません。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170618091017j:plain

 

平成25年度に厚生労働省から「国民生活基礎調査の概況」に具体的な数値が発表されています。

 

それによると、46ページの第10表に人口1000人に対して37.8人、

男性26.0人

女性48.7人

の方が便秘が原因で苦しんでいることになっています。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170617195501j:plain

 この人口1000人当たりの数値を日本の人口に換算してみると約26人に1人

便秘をわずらっていることになります。

この数値は増えることはあっても、減ることはないようです。

 

上記のグラフからも分かるように、とくに70歳以上の高齢者の増加が目立ちます。

歳を重ねるにつれ、身体のムリが効かなくなり、運動量も下がり代謝も落ちます。

そのため、腸の働きも劣ってくるのでしょう。

 

わたしも今年82歳の父の介護をしていますが、便の排泄が自分では困難で、いつも介護士に浣腸をお願いしています。

便秘にはホント悩まされています。

 

長年、病院で処方された便秘薬を父に服用させているのですが改善されず、もうあきらめかけている状態です。

薬が効かないのは、便秘により腸からの吸収がスムーズに行われないからだと考えています。

 

便秘はただ単に排便ができないというだけでなく、肉体的精神的にも影響を及ぼしますよね。

肉体的には疲れやすくなり、精神的にはイライラして怒りっぽくなる傾向があるみたいです。

父を介護してこの状況は顕著にあらわれます。

便秘のときは顔色もよくありませんし、声が荒くなります。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170618092706j:plain

 

対策として、水分を十分に摂り生活習慣を見直すことがあげられます。

それが、便秘だけでなく他の病気も未然に防ぐことになります。

適度な運動も大事ですね。

 

でも、分かってはいるんですけどね。

日々、何かに追われるような生活では、なかなか生活習慣を見直す余裕が生まれません。

モント、分かってはいるんですけどね・・・。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170618092732j:plain