便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

腸の蠕動運動を活発にする!

腸の蠕動運動が低下していると、食べた物が腸内で滞ります。

すると、その食べた物が発酵します。

 

これが、腸内環境を悪化させます。

そして、悪玉菌が活発になりやすい環境になります。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20170924151249j:plain

しかし、腸の蠕動運動が活発に働いている場合は、善玉菌が増え腸内の食べ物がスムーズに排出されていきます。

 

では、腸の蠕動運動を活発にするにはどうすればいいのでしょう。

腸は脳の命令で動いているわけではありません。

このことを意識しないといけませんね。

 

腸の蠕動運動には、自律神経が大きく関わっています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、とくに副交感神経がカギです。

 

副交感神経は、リラックスしたときに高まります。

このとき、腸の蠕動運動が活発になります。

すると、腸内環境が改善され、善玉菌が悪玉菌より優位に立つことができます。

 

結果、自律神経のバランスを整えることが、便秘解消につながります。

 

自律神経のバランスが崩れると、副交感神経が低下します。

副交感神経が低下すると、腸の蠕動運動も低下します。

 

1日のリズムからみると、副交感神経は夕方から夜にかけて高まります。

このリズムを上手く利用しましょう。

 

 ちなみに、太ってる人はこの自律神経のバランスが崩れ、善玉菌が弱っているんです。