便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

便秘の治療薬って?

 

便秘は、日常生活に影響を及ぼします。

 

「なんかすっきりしない。」

 

体が倦怠感に覆われたり、食欲が低下します。

ひどくなると、うつ状態になることも・・・。

 

便秘を、少しでも早く改善しようと、私たちは薬に頼ります。

大きく分けて数種類の治療薬があげられます。

 

 

☆緩下剤

酸化マグネシウムなど。

腸内の水分を集めて便を柔らかくします。

 

☆膨張性下剤

腸内の水分でふくらみ、便の一部となってカサ増しし、排便を促します。

 

緩下剤膨張性下剤は個人差があり、場合によっては効果が現れるのに数日かかることもあります。

 

☆大腸刺激性下剤

大腸に直接作用するので、即効性があります。

一般に市販されている下剤は、コチラが多いです。

ただ、即効性がある反面、長く使いすぎると効き目が弱くなったりします。

飲まないと出ないようになったり、飲む量が少しずつ増えたり。

注意!

妊婦や授乳中のママは、原則服用しないように。

 

☆浣腸

浣腸は、最終手段といってもいいでしょう。

ただ、この浣腸にも超即効性がある分、リスクもあります。

リスク、それは習慣化すること。

浣腸の成分は、グリセリンを薄めたものです。

そのグリセリンの刺激に慣れてしまうんです。

結果、浣腸を使っても排便が出来ないことも。

 

まだまだ、座薬など数々の下剤がありますが、また後日。

 

出来れば、これらの下剤に頼る前に生活習慣を見直したいものですね。

 でも、現代のストレス社会は、わたしたちの身体に優しくありません。

強くなければ生きて行けないなんて。