便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

便秘改善にウォーキングがオススメですが…

便秘改善には、いくつか方法がありますが、やはりカラダを動かすのが一番です。

支障がない限り、運動しましょう。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171217162813j:plain

 

とくにウォーキングはオススメです。

お金もかからないし、気軽にできますからね。

 

ジョギングだとちょっとツライです。

以前、少しダイエットをしようと思って始めたジョギング。

ぶよぶよしたカラダを引き締めようと。

 

でも、続きませんでした。

日ごろから運動不足、そんなカラダでいきなりジョギングですからね。

 

情けない小太り中年のカラダを、世間にさらしたようなものです。

ひざは痛くなるし、散々な結果に終わりました。

 

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20171217163050j:plain

 

やはり、何をするにも準備があり、順番があります。

ジョギングをやめ、ウォーキングに変更しました。

 

最初は、物足りなさもありました。

言葉悪いですが、ウォーキング=高齢者としか見ていませんでした。

 

しかし、あることに意識しだしてから、ぶよぶよポッチャリのお腹がヘコミ始めました。

それと同時にお通じが。

 

ただ、あることを意識してウォーキングしているだけなのに。

 

その意識の一つが歩く姿勢です。

日ごろ、デスクワークしている私の背中は、本人の知らないうちに猫背になっていたのです。

 

だから歩くと、視線が地面に向きます。

これは、実年齢よりも高齢に見られます。

なので、胸を張ること。

 

もう一つ意識しているのが、歩幅。

だいたい、一般人の歩幅は60〜70cm。

それを上まわる大股で歩くことです。

 

すると、歩くたびにイヤでもカラダをねじります。

 

歩いてる途中、おへその少し下あたりに手を当てると歩くたびに腹筋が動いてるのが分かります。

これが、いつもの歩幅では、思っているほど動きません。

 

大都市でよく見かけませんか。

通勤ラッシュ時にさっそうと歩くサラリーマンやOL。

どうせなら、カッコよく歩いているようイメージして。

  

ウォーキングは日ごろのストレス解消にもなりますし、自律神経にも良い影響を与えます。

 

一生付き合っていくカラダです。

大切に、そして大事にしましょう。