便秘対策は身体のすべてにつながっている!

便秘対策は身体のすべてにつながっているという情報のブログです。

便秘を改善し病気を未然に防ぐ2種類の食物繊維

便秘を改善するためには、バナナみたいな便を出すのが理想です。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20180211123331j:plain

そのためには、食物繊維がたっぷり入った食事をオススメ!

 

そもそも、食物繊維とはどういうものでしょうか?

 

聞き慣れた言葉ですが、野菜やこんぶぐらいしか頭に浮かんできませんよね。

 

食物繊維には大きく分けて、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」の2種類があげられます。

 

水に溶けにくい不溶性食物繊維には、野菜・穀類・豆類などで、腸内で水分を吸収してふくらみます。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20180211123421j:plain

それが腸を刺激してぜんどう運動を促しお通じを良くします。

 

いっぽう、水に溶ける水溶性食物繊維には、こんぶ・ワカメ・芋類・果物など。

 

これらに含まれる繊維が水に溶けて、ゲル状の状態なります。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20180211123510j:plain

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20180211124040j:plain

このゲルの状態が、腸内で栄養や糖質の吸収をゆるやかにします。

 

吸収がゆるやかだと、食後の血糖値の上昇を抑えるという働きもします。

 

これら2種類の食物繊維は、どちらも腸内で善玉菌を増やし腸内環境を整えます。

 

これだけ身体に良い食物繊維ですが、なかなか思うほど摂れていません。

 

原因の1つに、食事の欧米化があげられます。

 

便秘のほか、肥満や糖尿病・心筋梗塞などを未然に防ぐためにも意識して摂りたいですね。

f:id:xn--wtq711a9kxykb:20180211124307j:plain